”ちょっと気になる”を、自分らしさにCHANGE!




青藍学舎に通われるお子さまは、”ちょっと気になる”子どもたちです。

その、”ちょっと気になる”=”なにがしかの生きづらさ”かもしれません。

でもそれは、自分も知らない自分らしさです。


卒後、自分らしさを携えて生きていくためには、

それまでに、自分を知り、受容し、「らしさ」として理解し、

「らしさ」を活かして、どんな生き方ができるのか・・

を、考えておくこともよいのではないでしょうか。

と、私たちは考えます。








新着情報

子どもたちの伴走者を探しています!

・・・・RECRUIT・・・・

私たちと一緒に子どもたちを未来に送り出しませんか?




FacebookとInstagramで活動情報を発信しています!


これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。







青藍学舎について

はじめに
伴走支援型放課後等デイサービスとは
放課後等デイサービスの対象は、障害のある児童ですが、療育手帳や障害者手帳がなくても、専門家などの意見書などを提出し放課後等デイサービスの必要が認められれば、受給者証が市区町村から発行されます。この受給者証を取得することで通所の申し込みができ、1割負担でサービスを受けることができます。

「伴走支援型 放課後等デイサービス」には「就労準備支援+社会生活準備支援+療育支援」が含まれます。

卒業後の社会生活を送り始めたとき、初めて「周囲の人と比べて上手にできない」、「同僚との関係性が築けない」などと”ちょっと気になる”ことがあります。

青藍学舎では、将来の「希望する生活」(働くことや地域で生活すること)を安心して送ることを視野に入れ、在学中から体験や学習を通して身につけていくことを目的としています。
特徴 ①
教育、福祉の経験者等による未来(卒後)に向けてのサポート
スタッフには、教育経験者や一般就労支援の経験者が在籍しており、卒後の困難想定からの逆算したサポートを行っていることが一つの特徴です。
具体的なゴールを見立てずに行う積み上げ方式では、「とにかく今できること」を頑張って取り組むことになります。
私たちは、可能な限りの見立てた将来から逆算し、「らしさを活かして生きていくために必要なスキル」への近道アプローチへ取り組んでいます。近道することにより、心や体への余裕ができ、意欲的に取り組むことができます。
特徴 ②
自分らしさを見つめるための居(心地の良い)場所サポート
居(心地の良い)場所とは、わがまま放題できる場所ではありません。
「あ~、なんか今日も楽しかったね。みんな、また明日ね!」と思ってもらえる場所づくりがしたいと思っています。
一緒に学び、一緒に遊び、一緒に笑う。そのようにサポートしています。
特徴 ②
自分らしさを見つめるための居(心地の良い)場所サポート
居(心地の良い)場所とは、わがまま放題できる場所ではありません。
「あ~、なんか今日も楽しかったね。みんな、また明日ね!」と思ってもらえる場所づくりがしたいと思っています。
一緒に学び、一緒に遊び、一緒に笑う。そのようにサポートしています。
特徴 ③
人格形成に必要なバランスのとれた活動サポート
子どもにとって学校の存在は大きく、人格形成において最も大切な場所です。しかし、生きづらさのある子どもにとっては、最もしんどい場所となってしまいます。
安定して学校に通うためにも、複雑に絡み合った「しんどさ」を一つずつほどいていくことが必要です。そのために、学習やトレーニングに特化することはせず、工夫を凝らした活動を提供し、オールラウンドで子どもたちを捉えていきます。

活動例 ①
COGーTR(コグトレ)を実践しています。認知機能の向上は社会面・学習面・身体面へアプローチすることができます。
青藍学舎には、コグトレトレーナーが2名在籍しております。

活動例 ②
「福祉」という閉鎖的空間をぶち壊すために、地域との交流を積極的に行っています。
ゴミコロリ、学舎祭、誰からも頼まれていないシリーズなど、意味のあるモノから意味のないモノまで積極果敢に挑戦しています。
特徴 ④
就労にいち早く触れるプログラムの実践
青藍学舎は、(株)Kaienのパートナー事業所です。
「療育の次のステップとなる思春期 発達障害の子どもたちへの将来にむけたサポートプログラム」を活用し、将来への備えのサポートを行っています。
特徴 ⑤
家族まるごとサポート
OKKSカフェを年3回開催しています。
勉強会や座談会を行い、生きづらさのある子どもを育てる親御さんへのサポートを行っています。
学舎祭などのイベントには、家族も参加していただけています。




一日の過ごし方


放課後クラス
 15:00~ 学習サポート(低学年)
学習が終わり次第自由時間
 16:00~ 学習サポート(高学年以上) ※学習が終わり次第自由時間
 17:00~ Teens or 半熟LABO
 17:50~ ミーティング
 18:00~ 送迎開始


ホリデークラス
   9:30~ 学習を中心とした活動
 12:00~ お昼休み
 13:00~ 体験を中心とした活動
 15:30~ 送迎開始




小学4年生頃から、
将来を見すえていくことが大切です


青藍学舎には”ちょっと気になる子どもたち”
楽しく通っています!



①学校などで他者との関係性が構築しにくい  
②無気力が目立つ  
③気持ちを伝えることが苦手  
④相手との距離がわかりにくい  
⑤勉強が遅れがち  
⑥不器用で運動が苦手  
⑦学校を休みがち  
⑧発達障がい、グレー、ボーダー、HSCなどの状況がうかがえる








令和3年度の自己評価結果の公表について
オープン年の評価を重く受け止め、2年目に活かしていきます!(令和3年3月31日)




感染症対策実施中

青藍学舎
感染症クラスター防止protocol

安心してご利用いただくために、感染症クラスター防止プロトコルに沿った対策をおこなっています。




ご利用相談、施設見学、体験利用について

どんなことでも、お気軽にご相談ください。
担当スタッフが、丁寧にご説明いたします。



その他、
学校に在籍中の児童、生徒や、保護者からの一般相談も行っています。

あたたかいお茶でも飲みながら、少しお話して帰りませんか?


青藍学舎では、
学びが止まりそう、学びが止まってしまっているなどの
いわゆる登校渋りや不登校状態のお子さまの相談窓口を行っています。

子ども本人や家族のお困りごと、不安、心配事など、一人で悩まずまずは一緒にお話ししてみませんか?


〇本人の困った
  • 学校が楽しくない
  • 人と同じようにできない
  • 友達がいない
  • 学校に行こうとすると体調がわるくなる

〇家族の困った
  • 学校に行きたがらない(登校渋り等)
  • 元気がない
  • 子どものことが良くわからない
  • 他の子と違う気がする





お問合せフォーム

ご相談・見学申し込みをご希望の方はお気軽にお問い合せください。
経験豊富なスタッフが丁寧にお答えさせていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。




青藍学舎へのアクセス

所在地 愛媛県今治市北日吉町1丁目8-22

お車でのアクセス
今治北高校前交差点を玉川方面へ20m先
※学舎に向かって左側駐車場をご利用ください。
電車でのアクセス JR今治駅西口より徒歩5分
バスでのアクセス JR今治駅前もしくは図書館前より徒歩7分

【お問合せ先】 
 電話番号 0898-35-3667
 FAX  0898-35-3668
 メール  info@seirangakusha.jp